結構前から、目をつけていたiPSアカデミアジャパンですが、
上場の噂を聞きました。

 

結構個人的に、期待値高いと思っているので、
IPOは絶対に手に入れよう!って思いました。

 

実は、管理人は、2013年からIPOの調子がムチャクチャいいんです!
ちょっと今年の最新の実績を紹介します。

 

下記画像を見てください!

最近のIPO

 

これ、最近のIPOの傾向ですけど、
超ローリスク、ハイリターンというのが目に見えてわかると思います。

 

そんな中、管理人は今年は以下の銘柄のIPOに当選しました!
IPOに当選した証拠
結果的に、
イグニス +65万
サイバーダイン +48万
メドピア 残念ながら補欠あたっていたら +52万
システム情報 +27万

 

合計+140万円!

 

まさにウッハウッハな状態です。
で、どうしてこんなことになったのかというと、IPOの当選確率を上げる方法に気づいたからです。
ちょっと、その方法をあんまり増えすぎてもアレなんで、期間限定で紹介したいと思います!

 

とりあえず、この業者に注目!

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

 

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

 

公式サイトはコチラ

 

上の3業者からの同時、抽選申し込みをしただけです。
からくりは非常に簡単なんですが、ここが重要です。

 

これらの業者は個々でメリットがあります。ちょっと紹介しますね。

 

マネックス証券

マネックス証券は、抽選を公平に抽選してくれます。
おいおい!他の証券会社が、まるでひいきしているみたいじゃねーか!って思う人もおおいと思いますが、
そのとおりです。

 

ひいきしてて、大口の投資家に優先的に売ってしまうので、
狭い当選枠がさらに狭くなっているんです。

 

ですが、マネックス証券なら、抽選が公平なので、そのひいきがありまえせん。
なので、抽選段階で、フラットな抽選確率を体感することが可能です!

 

SBI証券

SBI証券は、抽選が外れる度に、ポイントが貯まります。
コツコツ貯めないといけないんですが、これがまた、ドカンとデカイ銘柄を当てるのに使えます!

 

前に、114ポイント使って、リプロセルのIPO当てましたけど、それだけで146万円の利益です!
このポイントはコツコツ貯めるしかないですけど、溜まった時の旨みは本当にすごいです!

 

抽選依頼は、SBIにも依頼しておきたいですね!

 

SMBC日興証券

SMBC日興証券は、主幹事を務めるコトが多いです。
知っている人も多いですが、主幹事を務める証券会社は全体の5割〜7割くらいの
IPO株を売りさばく権利を持っています。

 

つまり当選枠がかなり多いということです。
ただし、主幹事を務める業者では、大口の投資家にばかり融資して、小口の投資家に
まわってこない場合があります。

 

その場合だと、最大限に主幹事ということの旨みを享受することはできません。
ですが、SMBC日興証券だと、抽選は平等となっているので、

 

当選枠が多いというメリットはそのままです!
SMBC日興証券はかなりオススメです!

 

この3社から抽選依頼だとかなりアツイ!

この3社から同時申し込みをすれば、上記のように調子がいいです。
いろいろ同時申込などを探求しましたが、これが一番最強のパフォーマンスがあると思います!
是非、試されてみてください!

 

マネックス証券 SBI証券 SMBC日興証券

マネックス証券

抽選は平等なので、絶対にここには申し込んでおきたい!

 

公式サイトはコチラ

SBI証券

ポイントを貯めて、確実に美味しいIPOをゲットする!

公式サイトはコチラ

SMBC日興証券

主幹事やりながら平等な抽選はここだけ!!

公式サイトはコチラ

 

IPOとは
IPOとは、新規公開株や新規上場株式という意味で、株を投資家に売り出して証券取引所に上場し、誰でも株取引が出来るようにすることです。
また、IPO株投資は新規上場するときに、投資家に配られる株を買う権利を抽選で手に入れて、上場日の初めにつく株価で株を売ることで利益を出すことをいいます。
IPOの魅力は、かなりの高確率で儲かることがあります。
通常の株投資に比べると、当たる確率が高いです。
また、比較的初心者でも投資がしやすいのも魅力といえます。
IPOを始めるには、証券会社の口座を最初に作る必要があります。
ここで、重要なのは株の配分がある証券会社に口座を作ることで、IPOは予め配分が決まっているので割当てのある証券会社の口座でないと抽選自体も受けることが出来ません。
口座を作ったら、次は企業の情報とスケジュールが必用になります。
企業の情報は、儲かる可能性か高いかどうかで、高成長企業や競合する会社が少ない場合や、当選枚数が少ないなどがあります。
また、スケジュールは申し込みの期間や抽選日、購入期間、上場日などです。
そして、今度は抽選を受けます。
申込期間内に、割り当てのある証券会社の申込をして抽選を受けて、当選したら購入期間に意志表示を行い、上場日に初値で売ります。
状況次第では、初値に高値がついて儲けることが可能なのでかなり魅力的な商品です。